うさぎさんの旅日記

食いしん坊で旅好きのうさぎさん。ロンドンの美味しいレストラン情報を中心に旅日記を綴ります。

はじめまして。
食いしん坊で旅好きのうさぎです。                 
仕事柄海外に行く事も多く、最近もっぱらロンドン通い!       
出張中の唯一の楽しみはもちろん食事。
そんなうさぎが、ロンドンの美味しいレストラン情報を中心に綴ります。

更にご褒美旅行と称して出掛ける世界各地の旅日記も時々更新します。

カテゴリ:UK England > London

ここ最近忙しくて更新が途絶えていましたが、書きたい事はいっぱい!
ロンドンの情報はもちろん、忙しいと言いながらもニューヨーク・北欧などあちこち旅行もしているので、
その情報も順次、アップしていきます。
とはいえ、また今月末から出張なので、更新には時間がかかりそうですが。。。

引き続き、ロンドンから!
レストラン情報を書くことが多いのですが、今回はミュージアム情報!
ロンドンには日本と違って、無料で入る事の出来るミュージアムがいっぱいあります。
今からご紹介するミュージアムもかなり見応えがあるのに、入場無料です。
しかも日本人にはあまり知られていない穴場だと思います。
かなりお勧めなので、是非行って見て下さいね。

はじめに”The Wallace Collection”。
ここはボンドストリート駅の近くのセルフリッジズの裏あたりにあります。
だいたいセルフリッジズから歩いて5分くらい。
お買い物ついでに立ち寄ることが出来るので、かなり便利な場所にあります。

IMG_2785
IMG_2783
実際に昔伯爵が暮らしていたお屋敷をそのまま美術館にしている、邸宅美術館。
伯爵が世界中から集めた美術品と装飾品の数々が、素敵なお屋敷の雰囲気とマッチしていて
ため息が出てしまうほど、うっとり!
IMG_2787
IMG_2789
14世紀から19世紀中頃までの作品を中心に世界的の有名な美術作品や装飾美術品の数々が集められ、なんとその数5500点近く。
特に18世紀フランス絵画、セーブル焼、家具の品質の高さと品揃えの幅広さで知られています。
各部屋ごとに壁紙の色も違い、絵画とのバランスが本当に絶妙で素敵!とっても私好み 。
こういうセンスって、
いつ見てもヨーローッパの人の感覚ってすごいなあと思ってしまいます。

本当はもっとゆっくり見たかったのですが、時間がなく駆け足で回ったので写真もあまり撮れなくて残念。
このミュージアムは建物の中央が吹き抜けになり、ガラス張りの天井から射し込む日差しがまた何ともオシャレな
レストランがあります。
本当に素敵な邸宅美術館だったので、今度はゆっくり時間をかけて見て、
その後ランチかアフタヌーンティーでもして帰りたいなあと思います。

 
The Wallace Collection


ザ・リッツやフォートナム&メーソンの並びにあり、外観も内観も立派で高級感あふれるクラシカルな雰囲気。
さぞ伝統があり格式の高いお店だと思っていましたが、意外と2003年にオープンのレストラン。
とても人気で予約をしていないとなかなか入れないお店です。
IMG_2979
IMG_2970
IMG_2969
朝食やアフタヌーンティーも有名です。
私達はお茶の時間に急に行ってみようと決めたので予約なしでトライ!
3時頃予約をせずに行ったので40分待ちと言われてしまいましたが、歩き回って他のお店を探すのも疲れるので
待ってみようと言う事に。この時間でもランチを食べている人達もいっぱいいたり、横にウェイティングバーもあるので、
お酒を飲んで待っている人達も結構いましたよ。

メニューを見てさんざん悩んだけれども、せっかく来たのだからやはりアフタヌーンティーを注文。
まずは紅茶が運ばれてきます。これは何種類かある紅茶から選べ私はホテルの名前が付いているブレンドティーを飲みました。
IMG_2971
とてもバランスが良くあっさりしていてなかなかお上品なお味。
優雅に紅茶を飲みながら、伝統的な3段のトレーが運ばれてくるのをワクワクして待ちました。
IMG_2973
これは2人分!
一番下がサンドウィッチ、次がプチケーキ、一番上の段がスコーンです。
IMG_2974
どのサンドウィッチも美味しかったけれど、やはり私の中でメインはケーキとスコーン。
2人分だと全部違う種類のプチケーキがサーブされます。
せっかくなので、すべて半分ずつ食べてみました。
どれもすごく美味しくて、普通のケーキのサイズでまるまる一個食べたいなあと思ったくらい!
今度来たときはケーキを注文してみようかなあ〜。
IMG_2975
こちらは外がゴツゴツしていて食感はサクサク、中はしっとりのモームメイド的な素朴なスコーンではなく
高級ホテルで出てくるような、きめの細やかでしっとりしたタイプ。
スコーン好きな私は、素朴なタイプのスコーンが好きで良く食べるけれども、
これはこれで、お上品ですごく美味しかったです。
食べ終わる頃には気がついたら周り中アフタヌーンティーをしてました。
やはり人気なんですね!

有名なホテルや、フォートナム&メイソンなどのカフェでアフタヌーンティーをしたら£40〜£50するのに
こちらのお店では何と意外なことに£26.5。リーゾナブルなのに味や雰囲気は良いので、かなりオススメです。

The Wolseley

今回はマリルボーンにあるギリシャ料理のお店"OPSO"に行ってきました。
まだ出来て2年くらいしか経っていない新しいお店!
IMG_2952
IMG_2953
外観も内装もとてもモダンな雰囲気です。
まずは乾杯の一杯!
スパークリングワインにエルダーフラワーコーディアル、ベリーを浮かべたおしゃれなカクテル。
(名前は忘れてしまいましたが。。。)
とても美味しくてお料理も期待できる感じ。
IMG_2959
お料理はオシャレなタパス系の小皿料理。

前菜は数あるスプレッドの中から、TZATZIKIを注文。
いっぱいあってどれを注文したらいいのか分らず、お店の方にスプレッドでオススメは何?って聞いてみたところ
初めて注文するならザジキがいいよとオススメされました。
ザジキとはギリシャのソース(ギリシャヨーグルトにニンニク・きゅうり・オリーブオイル・パセリなどを混ぜたソース)で
お料理に添えたりパンに付けたりして食べます。
私達はSourdough Breadを頼んで、つけながら食べました。
とても爽やかなお味で美味しく、パンが進んでパンが足りなくなったくらい(笑)
IMG_2962
お次はFried Metsovone Cheese.
揚げたギリシャのチーズにルバーブのジャムが付いています。
外はサクサク、中はトローリととろけるチーズにジャムの組み合わせは最高!
甘辛のバランスが絶妙です。
IMG_2961
サラダはRaost Beets &"Skordalya".
彩りもとても綺麗。
ガーリックが効いたソースがとてもビーツに合っていて美味しかった。
IMG_2960
そしてお次はメインでLemon&Oregano Chickenを注文。
さすが12時間かけて調理しただけあって、ナイフを使って切らなくても簡単に骨からお肉がはずせてとても柔らかいです。
チキンにソースを絡め、ポテトのペーストと一緒に食べるととても美味しい。
お肉だけど重すぎず、日本人にも食べやすいです。
この日はお昼をしっかり食べたのでもうお腹がかなりいっぱいになってしまい、これ以上は注文しませんでしたが
(あっ、もちろんデザートは別ですよ。。。)普段ならもう一品ぐらい注文出来たと思います。
いろいろ頼んでみんなでシェアして楽しんでみては!
IMG_2965
最後はやはり別腹のデザート。

Moustokoulouro Ice cream SandwichとGreek Milk Pie Bruleeを注文。(手前の写真がアイスクリームサンドウィッチ)
ブリュレは普通のブリュレより少しもっちりした食感でした。
ミルクの味をすごく感じて美味しかったけど、でも格別に美味しかったのは私が注文したアイスクリームのサンドウィッチ!
シナモンの効いたクッキーに塩キャラメルのアイスがサンドしてあって、かなり私の好み。
お腹がいっぱいと言いながら、一皿ペロリと食べてしまいました(笑)
私はかなり甘党なのでペロリと食べたけど、そうでもない人はシェアした方がいいかも。
IMG_2966
今回の滞在でも美味しいお店が開拓できて良かったあ〜。
ロンドンに行った際は、また絶対に予約して食べに行こうと思うお店でした!

OPSO


久しぶりにロブスターを食べに、Burger&Lobsterに行ってきました。
いつもはMAYFAIRのお店に行きますが、店舗も増えSOHOにも出来たので今回はSOHOに!
Burger&Lobsterは予約を取らないお店なので、いつも並ばないと入れなく最近は足が遠のいていましたが、
どうしてもロブスターが食べたくて。。。
SOHOはMAYFAIRよりお店も広く、私達は18時頃お店に着きましたか待たずに入ることが出来ました!

IMG_2771
IMG_2770
IMG_2769
相変わらず混んでいましたが、広いテーブル席に座る事が出来たのでラッキー!
お店はクリスマス仕様にデコレーションされていました✨
早速、まずはオーダーを!
ここは何とメニューがロブスターとロブスターバーガーしかありません。
席に座ると直ぐに注文を聞かれます。
私はもちろんロブスターを注文!
ロブスターを注文すると調理方法をスチームにするかローストにするかと聞かれます。

IMG_2767
これはわたしが注文したローストしたロブスター!
このミディアムサイズで£20です。
とっても美味しかったあ〜!
エビやカニなどの甲殻類の好きな私にとっては食べ応えもあって大満足。

Burger&Lobster



 

レバニーズレストランをご紹介!
日本ではなかなか食べられないレバニーズ料理。
ロンドンに行った時は、必ず食べたくなります。
お店もいっぱいあるのですが、前回ブログでご紹介したお気に入りのお店”Yalla Yalla”にばかりいつも行ってしまうので、
今回は行った事のないお店を開拓してみました。
Sohoにある”COMPTOIR”。
このお店はチェーン店みたいで、ロンドン市内に何店舗もあります。
とてもリーズナブルで”Yalla Yalla”よりもカジュアルな雰囲気!

IMG_2042
IMG_2044
IMG_2045
店内はとてもカラフルでキッチュな感じ!
壁にはインパクトのある女性の顔のペイントや、色とりどりの刺繍を施したカゴバッグ、
中東系の食材や食器類がディスプレイされています。

IMG_2046
IMG_2049
IMG_2048
まず初めにMezze Platterを注文。
私の大好きな、hommosやtabbouleh・falafelなどの入った前菜の盛り合わせ。
色々な種類を少しずつ食べられるので、注文してみました。
2人で行ったので2人前を頼んだのですが、量が多くて前菜だけでかなりお腹がいっぱいに。。。
美味しかったけど、他の物を注文するなら一人前でいいかも!
IMG_2050
メインはTagine(Chicken&Green Olives)を注文。
チキンがとても柔らかく、ご飯にも味がしみていてとても美味しかったあ。
全体的にはあっさりしていて、日本人も好きな味だと思います。
IMG_2051
最後はやはりお腹がいっぱいでもデザートを注文してしまいました。
IMG_2053
Fresh mint teaとFrozen yoghurt(Banana,Honey&Toasted Sesame seeds)を注文。
さっぱりしたフローズンヨーグルトの酸味とハチミツの相性がぴったり!
ペロッと全部食べてしまいました。


COMPTOIR




 

↑このページのトップヘ