うさぎさんの旅日記

食いしん坊で旅好きのうさぎさん。ロンドンの美味しいレストラン情報を中心に旅日記を綴ります。

はじめまして。
食いしん坊で旅好きのうさぎです。                 
仕事柄海外に行く事も多く、最近もっぱらロンドン通い!       
出張中の唯一の楽しみはもちろん食事。
そんなうさぎが、ロンドンの美味しいレストラン情報を中心に綴ります。

更にご褒美旅行と称して出掛ける世界各地の旅日記も時々更新します。

2016年06月

もう一つのオススメは”Geffrye Museum"
こちらも、もちろん入場無料。
ストリートアートやオシャレなショップ・カフェ・ギャラリーなどの集まるイーストエリアにあるので、
お散歩がてらに立ち寄るにもオススメ!
IMG_2981
入り口の扉はこの様な可愛い鍵穴の形をしているので、入る前から何だかワクワクしちゃいます!
IMG_2983
このミュージアムは1600年代から現代までのイギリスのミドルクラスの家庭のインテリアの変化を時代ごとに展示しています。
ただ単にインテリアを見るというだけでなく、イギリスの一般家庭の暮らしを見る事が出来るので、
そういった切り口からも楽しめます。
IMG_2988
IMG_2993
IMG_2994
IMG_2996
IMG_2997
IMG_2998
展示の途中には壁に何とも綺麗な絵の描かれた休憩もできる小部屋もあります。
IMG_2989
敷地内にはハーブ園やお庭もあり、ゆっくり植物を眺めながら散策も出来ます。
(残念ながらこのハーブ園は4月〜10月までしか開園していないので私が行った時はクローズしていて入れませんでしたが…)
それから、お庭を眺めながらランチやお茶の出来るカフェもあるので、
お花の咲き乱れる春夏はゆっくりカフェで過ごすのもよいのでは !(ちなみに美味しそうなケーキもいっぱいありましたよ)

このミュージアムは日曜日に開かれるコロンビアロードフラワーマーケットの近くにあるので、
朝からお昼にかけてマーケット付近を散策し、その後ミュージアムを楽しむっていうコースも
イギリスのローカルな雰囲気を満喫出来るのでオススメです。

Geffrye Museum
 

ここ最近忙しくて更新が途絶えていましたが、書きたい事はいっぱい!
ロンドンの情報はもちろん、忙しいと言いながらもニューヨーク・北欧などあちこち旅行もしているので、
その情報も順次、アップしていきます。
とはいえ、また今月末から出張なので、更新には時間がかかりそうですが。。。

引き続き、ロンドンから!
レストラン情報を書くことが多いのですが、今回はミュージアム情報!
ロンドンには日本と違って、無料で入る事の出来るミュージアムがいっぱいあります。
今からご紹介するミュージアムもかなり見応えがあるのに、入場無料です。
しかも日本人にはあまり知られていない穴場だと思います。
かなりお勧めなので、是非行って見て下さいね。

はじめに”The Wallace Collection”。
ここはボンドストリート駅の近くのセルフリッジズの裏あたりにあります。
だいたいセルフリッジズから歩いて5分くらい。
お買い物ついでに立ち寄ることが出来るので、かなり便利な場所にあります。

IMG_2785
IMG_2783
実際に昔伯爵が暮らしていたお屋敷をそのまま美術館にしている、邸宅美術館。
伯爵が世界中から集めた美術品と装飾品の数々が、素敵なお屋敷の雰囲気とマッチしていて
ため息が出てしまうほど、うっとり!
IMG_2787
IMG_2789
14世紀から19世紀中頃までの作品を中心に世界的の有名な美術作品や装飾美術品の数々が集められ、なんとその数5500点近く。
特に18世紀フランス絵画、セーブル焼、家具の品質の高さと品揃えの幅広さで知られています。
各部屋ごとに壁紙の色も違い、絵画とのバランスが本当に絶妙で素敵!とっても私好み 。
こういうセンスって、
いつ見てもヨーローッパの人の感覚ってすごいなあと思ってしまいます。

本当はもっとゆっくり見たかったのですが、時間がなく駆け足で回ったので写真もあまり撮れなくて残念。
このミュージアムは建物の中央が吹き抜けになり、ガラス張りの天井から射し込む日差しがまた何ともオシャレな
レストランがあります。
本当に素敵な邸宅美術館だったので、今度はゆっくり時間をかけて見て、
その後ランチかアフタヌーンティーでもして帰りたいなあと思います。

 
The Wallace Collection


↑このページのトップヘ