今回のイギリス出張は、なんと国民投票の時期と重なりました!
歴史に残る様な重要な日だし、結果によっては色々な騒動が起きてしまうのでは、と行く前からかなり心配に。。。
でもそんな心配も無用でした(笑)
選挙の前日も日本で例えるなら街宣活動的なもの!?も見かけなかったし、至って普通。
強いて言えば、いつもより街中でユニオンジャックを多く掲げてあったのを見かけたくらい。
結果が明らかになった当日もロンドン市内はいつもと変わらず、混乱などもなし。
意外とみんな冷静でしたよ!
今回日本と違うなあと感じた事は。。。
みんな自分の意見を結構オープンに話すなあと言う事。
朝、いつも泊まっているホテルで顔見知りのホテルマンに会ったら、
「今選挙に行ってきて、残留に投票してきたよ」って笑顔で話していました。
またオフィスのエレベーターで違う部署の知らないおじさんに会った時も、
「選挙に朝行ってきて残留に投票してきた」って話しかけてきました。
私は英語が苦手だから、もちろんそんな深い難しい話は出来ないし、そうなんだあ〜的な事を言ってごまかしたけど。
外人の方がそういう事にたいして自分の意見をはっきり職場でも友達にでも話して討論する人が多いみたい。
日本人的にはあまり政治的な話をして、職場や友達との関係性が崩れたらなあ。。。
なんて気にして深い話をしない人が多い気がしますが。
話は長くなりましたが、そんな感じのロンドンでした!

話は本題に。。。
今回は色々ネットでリサーチして、気になるお店に行ってきました。
名前は"JAR KITCHEN"。
場所はコベントガーデンとホルボーンの間ぐらい。どちらの駅からも歩いて行けます。
IMG_3577
IMG_3592
内装はウッドを基調に草花などがディスプレイされていて、ナチュラルで可愛い雰囲気。
カフェとレストランの間ぐらいの感じで、スタッフもとても気さく!
とても居心地の良いお店です。
IMG_3588
各テーブルにはこんな可愛らしい素朴な草花が飾られていて、何だかほっこりした気分に!
IMG_3580
IMG_3581
まずは前菜に”King prawns, chilli, garlic”と”Conift duck leg croquettes,marinated cucumber, sesame”をオーダー。
エビはガーリックが効いていますが、トッピングされている香草で何となくエスニックな雰囲気を感じさせ美味しい!
ミニコロッケもゴマの入ったソースがちょっとアジアンテイストで、鴨のコロッケなのに何だか落ち着くお味。
どれも美味しかったので、メインに期待!
IMG_3582
IMG_3583
メインは”Aubergine, romano pepper, labneh, onion puree, tumeric, chickpeas”と”Hake, fennel, beurre noisette, samphire, capers”をオーダー。
まずはナスのソテーから。これは日本のナスと違って大きめ!
微かなカレー風味と自然な甘みのある玉ねぎのピューレがナスの味を引き立てていて、とても美味しい。
シンプルなナスのお料理ですが、さりげなく捻りが効いている一品。
白身魚のソテーは皮はパリパリ、身はフワッとしていて焼き加減もバッチリ。
トッピングされているサンファイアという海草!?の食感とケッパーの酸味もマッチしていてとても美味しかったです。
IMG_3586
IMG_3587
やっぱり〆はデザート。
上の写真はヨーグルトを濃縮した感じでクリームチーズの様ななめらかなテクスチャーの物に、蜂蜜がかかっていました。
爽やかな酸味に蜂蜜の甘みで、さっぱりしていて美味しかったです。
下は桃のコンポートに桃のシャーベットが添えてありました。
これもフルーツの自然な甘みが活かされていて美味しかったあ〜!

このレストランは全体的にお野菜を中心としたメニューも充実しています。
もちろんお肉もお魚もありますが。。。
盛り付けも綺麗だし、素材を活かした味付けで重くないので女子は絶対好きなお味だと思います。

JAR KITCHEN