ここ最近忙しくて更新が途絶えていましたが、書きたい事はいっぱい!
ロンドンの情報はもちろん、忙しいと言いながらもニューヨーク・北欧などあちこち旅行もしているので、
その情報も順次、アップしていきます。
とはいえ、また今月末から出張なので、更新には時間がかかりそうですが。。。

引き続き、ロンドンから!
レストラン情報を書くことが多いのですが、今回はミュージアム情報!
ロンドンには日本と違って、無料で入る事の出来るミュージアムがいっぱいあります。
今からご紹介するミュージアムもかなり見応えがあるのに、入場無料です。
しかも日本人にはあまり知られていない穴場だと思います。
かなりお勧めなので、是非行って見て下さいね。

はじめに”The Wallace Collection”。
ここはボンドストリート駅の近くのセルフリッジズの裏あたりにあります。
だいたいセルフリッジズから歩いて5分くらい。
お買い物ついでに立ち寄ることが出来るので、かなり便利な場所にあります。

IMG_2785
IMG_2783
実際に昔伯爵が暮らしていたお屋敷をそのまま美術館にしている、邸宅美術館。
伯爵が世界中から集めた美術品と装飾品の数々が、素敵なお屋敷の雰囲気とマッチしていて
ため息が出てしまうほど、うっとり!
IMG_2787
IMG_2789
14世紀から19世紀中頃までの作品を中心に世界的の有名な美術作品や装飾美術品の数々が集められ、なんとその数5500点近く。
特に18世紀フランス絵画、セーブル焼、家具の品質の高さと品揃えの幅広さで知られています。
各部屋ごとに壁紙の色も違い、絵画とのバランスが本当に絶妙で素敵!とっても私好み 。
こういうセンスって、
いつ見てもヨーローッパの人の感覚ってすごいなあと思ってしまいます。

本当はもっとゆっくり見たかったのですが、時間がなく駆け足で回ったので写真もあまり撮れなくて残念。
このミュージアムは建物の中央が吹き抜けになり、ガラス張りの天井から射し込む日差しがまた何ともオシャレな
レストランがあります。
本当に素敵な邸宅美術館だったので、今度はゆっくり時間をかけて見て、
その後ランチかアフタヌーンティーでもして帰りたいなあと思います。

 
The Wallace Collection